還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

タグ:黄色の花 ( 81 ) タグの人気記事

 イギリス原産の多年草。性質は強健で、暑さ寒さにも強い丈夫な植物。丸く可愛い葉っぱに、鮮やかな黄色い花。花期は2月~4月で、花の少ない時期に春を告げてくれる花の一つ。ツヤのある花弁がとても可愛い花です。多種の園芸品種があり、多くは黄色の一重咲きですが、白花、バイカラー、八重咲きなども出回っている。
 12月で、このように満開に近い状態で咲いています。
d0213034_19235141.jpg
d0213034_19241262.jpg
d0213034_19242165.jpg
 キンポウゲ科  キンポウゲ属の多年草 学名:Ranunculus ficaria 開花期:2~4月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-12-22 08:18 | 春の花
 中国原産の「ヒイラギナンテン」と、中国西部から台湾、ビルマに分布する「マホニア・ロマリフォリアとの種間交雑種。本種はロマリフォリア種の形質を受け継ぎ、長い花序を直立して出すのが特徴です。12月から2月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせる。
 私のファンに設定している方のhttp://yoppyhyakk.exblog.jp/21936576/がその特徴を表しています。
d0213034_656991.jpg
d0213034_6562652.jpg
d0213034_6564298.jpg
 メギ科 ヒイラギナンテン属 常緑低木 学名: Mahonia x media cv. Charity 開花期:12~2月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-12-18 07:00 | 冬の花

名前不明な花

 今日、撮った花です。
 名前が不明です。葉はよく見かけるような気がしますが、花ははじめて見ました。
 8~10ミリの可愛い花で、丈が’7~8センチぐらいです。
 判る方がいましたら、是非とも教えてください。
d0213034_22583667.jpg
d0213034_22584857.jpg
d0213034_22585970.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2015-11-10 22:59 | 秋の花
  別名アラマンダとも呼ばれており、鮮黄色のラッパ 状の花を長期に渡って咲かせます。蕾の外側は茶色く、沖縄では公園木・街路樹が としてよく見られる花木です。オオバノアリアケカズラはアリアケカズラの園芸品種。熱帯アメリカ原産。長さ6m くらいになる半つる性常緑植物。
 花径:オオバナアリアケカズラが10~15㎝。アリアケカズラが、6~10㎝。
     ヒメアリアケカズラが5㎝。
 アリアケカズラ(有明葛)は、前にブログにアップしてあります。
  http://micchi1950.exblog.jp/16377179/  を参照。
d0213034_225108.jpg
d0213034_2251104.jpg
d0213034_22512085.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 学名:Allamanda cathartica.Hendersonii

ムラサキアリアケカズラ(紫有明葛)
 ブラジルが原産です。茎はか細くて奔放に伸びます。葉は明るい緑色で軟毛が生え、輪生し、直径7~8センチほどの赤紫色をした漏斗形の花を咲かせる。
d0213034_239592.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 常緑半蔓性低木 学名:Allamanda violacea
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-24 00:35 | 1年中
 この写真には、4年前に撮って、UPした写真です。2つ花が写っています。
 その時に、yoppyhyakkaさんからコメントを頂きました。
 最初、ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)だと思って
撮っていましたら、あれ、この花は、また、違う。
向かって、中央の花がツキヌキニンドウで、右側のが、ニオイニンドウです。
d0213034_1734159.jpg
d0213034_13532250.jpg
d0213034_15105491.jpg
d0213034_15114070.jpg
d0213034_1512126.jpg
 スイカズラ科 スイカズラ属 落葉蔓性木本 学名:Lonicera sempervirens 開花期:6~9月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-07 07:12 | 夏の花
 川口市立グリーンセンターの温室で咲いていました。
 キバナアリアケカズラという名札が付いていましたが、
そのよな名前はないようです。
 黄色花を咲かせるのは、アリアケカズラ、ヒメアリアケカズラ、
オオバナアリアケカズラ等があるようです。
 花の大きさから見るとアリアケカズラのようです。
d0213034_18234872.jpg
d0213034_1823522.jpg
d0213034_18241573.jpg
 キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 常緑小低木 学名:Allamanda neriifolia 開花期:通年
                       撮影日 平成24年7月15日 川口市立グリーンセンター
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-21 19:30 | 熱帯植物
 植えたわけじゃないのですが、いつの間にか
私の可愛い庭に咲き始めました。

 3年前に、下水道工事、庭の整理で、ここ2年は、咲かなかった
のですが、今年は咲いてくれました。

 オニユリの変種で、対馬のみに自生しているようです。
d0213034_19261685.jpg
d0213034_19262398.jpg
 ユリ科 ユリ属 多年草 Lilium lancifolium var. flaviflorum 開花期:7~8月
                                     撮影日 平成24年6月30日 我が家の可愛い庭
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-19 19:29 | 夏の花

ルドベキア

 ルドベキアというと、オオハンゴンソウ(大反魂草)が有名です。
 日本には、中部山岳地帯や北関東以北を中心に帰化し、
非常に繁殖力旺盛な草花であるため、特定外来生物に指定されています。
 私の近くの空き地でも咲いていました。
d0213034_11384293.jpg
d0213034_11392043.jpg
d0213034_113859100.jpg

キク科 オオハンゴンソウ(ルドベキア)属 多年草 学名:Rudbeckia laciniata 開花期:7~9月
                                            撮影日 平成24年7月7日 川口市内
 ☆ルドベキア・ヒルタ・グロリオサデージー 
これは、アラゲハンゴンソウ(粗毛反魂草)の園芸種です。
 アラゲハンゴンソウもオオハンゴンソウと同じで、その繁殖力にはすさまじい。
花は、オオハンゴンソウと比較し、舌状花は黄色く、真ん中の筒状花は黒紫色をしているので、
すぐに判ります。
 ルドベキア・ヒルタ・グロリオサデージーは、八重と一重があり、おそらく、学名は違うと
思うのですが、確認ができなかったです。
d0213034_1115786.jpg
d0213034_11154757.jpg
d0213034_11153379.jpg
d0213034_1116887.jpg
d0213034_11155023.jpg
d0213034_11162577.jpg
d0213034_1116750.jpg
d0213034_11164166.jpg
d0213034_11163027.jpg
d0213034_11165094.jpg
d0213034_11172949.jpg

キク科 オオハンゴンソウ(ルドベキア)属 多年草 学名:Rudbeckia hirta L. cv. Gloriosa Daisy 開花期:7~9月 
                                     撮影日 平成24年6月20日~7月5日 川口市内
 ちなみに、ハンゴンソウ(反魂草)という帰化植物がありますが、
そちらは、キク科キオン属の多年草です。
 
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-08 19:41 | 夏の花
近所の方から、挿し木で増やした花を2つ頂きました。
d0213034_10125943.jpg


 これじゃ、何かわかりませんね。
 班入りの花が好きで、いろいろな班入りを育てています。
 その中の1つ、普通のウキツリボクより開花が遅いのでしょうかね。     
 6月30日の時点でやっと蕾が!
d0213034_10183264.jpg
d0213034_1016645.jpg

 7月4日の時点で、やっと、判るように!
d0213034_10205051.jpg
 アオイ科 イチビ属  常緑半蔓性低木 学名:Abutilon megapotamicum'Variegata' 開花期:7~9月
                                     撮影日 平成24年6月30日、7月4日 川口市内
d0213034_0121086.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2012-07-05 19:26 | 夏の花

アプチロン 1

 アプチロンと言えば、代表的な花は、なんと言っても、
別名:ウキツリボク、チロリンランプでしょうね。

アプチロンは、熱帯~亜熱帯に約100種類が分布。
 その中でも、ブラジル原産のダルウィニ種(A. darwinii)と
ピクツム種(A. pictum)との種間交雑種を指すことが多いようです。

 下記のアプチロンもおそらくその1種でしょうね。
 学名を調べるのが大変。
 白色は、Abutilon x hybridum cv.White Satin 。
 黄色は、Abutilon x hybridum cv.Yellow Mexico 。

ところが、イエロー・メキシコより色が濃い。
どうも、流通名:アプチロン・ジュリアじゃないかっと思う。
d0213034_2141990.jpg
d0213034_214307.jpg
d0213034_2143611.jpg
d0213034_738936.jpg
 アオイ科 イチビ属 常緑低木 学名:Abutilon spp 開花期:6~10月
                                  撮影日 平成24年5月26日、6月2、14日 川口市内

 ☆ウキツリボク(浮釣木)
d0213034_22563715.jpg
d0213034_22564970.jpg
d0213034_2257518.jpg
 アオイ科 イチビ属 常緑半蔓性低木 学名:Abutilon megapotamicum 開花期:6~10月
                                           撮影日 平成24年6月17日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-26 19:30 | 1年中