還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

<   2015年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ツルハナナス(蔓花茄子)

 南アメリカのブラジル、エクアドル、パラグアイに分布。わが国に自生する「ヤマオロシ(山保呂之)」と同じ仲間。星形の花を咲かせます。咲き始めは薄紫色で、時間がたつと白色に変化します。
 園芸店で、ヤマオロシとして売られていることがありますが、ヤマオロシは別にあります。
 ツルハナナスの仲間は、どの種類も神経毒成分が含まれていることが多いので、幼児などがいる家庭は特に注意。この神経性毒成分は鎮痛剤の代わりとなります。
d0213034_183109.jpg
d0213034_18312426.jpg
d0213034_18314443.jpg
ナス科 ナス属 半常緑蔓性木本 学名: Solanum jasminoides 開花期:6~10月
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-30 04:14 | 夏の花
北アメリカを原産地。一年草.茎はつる性・無毛で左巻きで他物にからまり,長さ3mになる。
 近縁な種として、マルバルコウや、ルコウソウとマルバルコウの交配種に当たるハゴロモルコウソウなどがあり、。ルコウソウと異なる点は花の色がオレンジ色に近いことと、葉の形状です。
ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)、ルコウソウ(縷紅草)については、前にアップしています。
 http://micchi1950.exblog.jp/14660579/ と http://micchi1950.exblog.jp/22209096/を参照。
d0213034_16505496.jpg
d0213034_16102795.jpg
d0213034_16104069.jpg
ヒルガオ科 サツマイモ属 非耐寒性つる性多年草 学名:Ipomoea quamoclit
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-29 07:42 | 夏の花

ルコウソウ(縷紅草)

 原産は熱帯アメリカ。葉は細く、羽状で、花は星型で直径2cmほどである。花色は白色、赤色、ピンク色などあるが、ピンクはお目にかかったことがないです。
 近縁な種として、マルバルコウや、ルコウソウとマルバルコウの交配種に当たるハゴロモルコウソウなどがあり、。ルコウソウと異なる点は花の色がオレンジ色に近いことと、葉の形状です。
 ハゴロモルコウソウ(羽衣縷紅草)については、前にアップしています。
 http://micchi1950.exblog.jp/14660579/ を参照。
d0213034_1562429.jpg
d0213034_1573689.jpg
d0213034_1575222.jpg
d0213034_158465.jpg
d0213034_1581727.jpg
ヒルガオ科 サツマイモ属 非耐寒性つる性多年草 学名:Ipomoea quamoclit
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-28 09:23 | 夏の花
 南アフリカが原産。高さは2~33メートルほどになり、線状の葉が対生。晩秋には果実が熟します。果実はフウセンカズラのような球状で、表面にはやわらかい棘が生え、はじけると白い綿毛のある種子がでてきる。この植物の白い樹液、これに強い角膜毒性があり、静岡県引佐地方でか観賞用で栽培されており、この植物の白い樹液、これに強い角膜毒性があり、毎年この時期になると、フウセントウワタの汁が目に入ったという人が大勢、医院に来るようです。
d0213034_14194553.jpg
d0213034_14201792.jpg
d0213034_14205526.jpg
ごめんなさい、下から失礼します。
d0213034_1422491.jpg
10月15日に果実撮れました。
d0213034_18532827.jpg
ガガイモ科 トウワタ属 常緑小低木 学名: Gomphocarpusfruticosus 開花期:6~9月

 写真は、9月27日に撮ったものです。果実が撮れればいいのですが。
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-27 00:28 | 夏の花
  原産地はインドで、枝先に白~黄白色の花を房状に付け、温度さえあれば花を良く付けるので、鉢花としても普及しているようです。出回っているのは、八重咲きとのことで、是非とも一重咲きを見たいですね。クチナシの花と同じで、芳香を備えています。
d0213034_21143224.jpg
d0213034_211446100.jpg
d0213034_21154033.jpg
キョウチクトウ科 サンユウカ属 学名:Tabernaemontana divaricata 'Flore Pleno'
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-26 06:30 | 秋の花
 9月24日13時から、朝日テレビで放映しているミュージックステーション30年目突入を記念した10時間スペシャル。 日本を代表する豪華アーティストが全部ヒット曲だけのパフォーマンスを行う。再結成後初テレビ出演のレベッカや、生放送音楽番組では初となるヴァーチャルアイドル初音ミクらも登場!また嵐・Perfume・BEGINは日本全国から中継を!さらにVTR企画「日本人に勇気をくれた世界に誇るニッポンの歌BEST100」でも名曲が続々登場!。
 嫁さんと1位は、なんと言っても、SMAPの「世界でたった一つの花」だよって、話していたら、なんと、1位でした。
 私の大好きな歌です。歌詞が気に入っています。作詞 槇原敬之です。
私が好きな詩の部分をピックアップしました。
 この中で誰が一番だなんて 争う事もしないで バケツの中誇らしげに どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?
 世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい
 小さい花や大きな花 一つとして同じものはないから No.1にならなくてもいい 
 もともと特別な Only one 
d0213034_9525170.jpg

 人それぞれ、皆違う。だから、人間の社会が成り立つ。
 だから、それぞれが、認め合うことが大切であり、共生することです。
 言い換えるなら、それぞれの個性(才能・能力)を大事にし、その個性が、この社会にとって価値あるものとして成長するかでしょう。
 しかし、日本の社会は、未だに競争社会となっており、人としての個性とはかけ離れた状態です。
 まったく違った尺度で、人の価値を評価されている。
d0213034_1095275.jpg

 今、日本にとって必要なのは、それぞれは人として尊重し合い、認め合いことであり、共生社会のシステムをいかに作るかだっと思う。
 それには、競争社会でなく、個々の個人が社会人となった時に、各自の個性(才能・能力)が如何にして発揮できようにするかが、国のあり方じゃないでしょうか。
 大企業に勤めること、公務員になること、大臣になることじゃない。
 No.1にならなくてもいいので、自分に合ったものでいいのです。
 そのことが、この社会に一番、貢献できることであり、それを必要として社会は求めているのです。


d0213034_10585624.jpg
 しかし、教育の格差が広がっており、人の個性とは無関係にその個人の価値を決定づけられています。
 極端な言い方すれば、将来、この日本にとって優秀な人材となりゆる能力・才能があったとして、この教育の格差には、どうにもならない壁となっています。
 国民みんなで、考えなければならないことでしょう。
 そうでないと、日本として国は、沈没してしまうのではないでしょうか。

[PR]
by 1950micchi | 2015-09-25 11:12 | 社会のこと
  別名アラマンダとも呼ばれており、鮮黄色のラッパ 状の花を長期に渡って咲かせます。蕾の外側は茶色く、沖縄では公園木・街路樹が としてよく見られる花木です。オオバノアリアケカズラはアリアケカズラの園芸品種。熱帯アメリカ原産。長さ6m くらいになる半つる性常緑植物。
 花径:オオバナアリアケカズラが10~15㎝。アリアケカズラが、6~10㎝。
     ヒメアリアケカズラが5㎝。
 アリアケカズラ(有明葛)は、前にブログにアップしてあります。
  http://micchi1950.exblog.jp/16377179/  を参照。
d0213034_225108.jpg
d0213034_2251104.jpg
d0213034_22512085.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 学名:Allamanda cathartica.Hendersonii

ムラサキアリアケカズラ(紫有明葛)
 ブラジルが原産です。茎はか細くて奔放に伸びます。葉は明るい緑色で軟毛が生え、輪生し、直径7~8センチほどの赤紫色をした漏斗形の花を咲かせる。
d0213034_239592.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 常緑半蔓性低木 学名:Allamanda violacea
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-24 00:35 | 1年中
 日本の宮城県で県花に指定されている。高さ、1-2mの落葉低木。紫紅色の花を8-10月頃に咲かせる。よく園芸用として栽培される。和名は、宮城県に多く自生しています。万葉集には何と141首にも及ぶ歌に「はぎ」が詠まれています。万葉集ではもっとも多く詠われた植物です。

ミヤギノハギ(宮城野萩)
d0213034_19571791.jpg
d0213034_19573267.jpg
マメ科 ハギ属 学名:Lespedeza thunbergii  開花期:9~10月

シロバナハギ(白花萩
 ミヤギノハギの変種といわれている、白い色のハギです。
d0213034_1031744.jpg
d0213034_10345743.jpg
d0213034_1033180.jpg
d0213034_10322336.jpg
d0213034_2084063.jpg
学名:Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii f. albiflora
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-23 07:32 | 秋の花
アフリカ・ザンジバル島あるいはケニアモンバサ付近原産の高さ1~3mの非耐寒性常緑低木であるブッソウゲの近縁種で、大型の5弁花には細く深い切れ込みがあり、後ろに反っている。別名の「コーラル・ハイビスカス」は花色や形がサンゴに似ていることから付けられたようです。
 前に、UPしたのですが、再度アップします。
d0213034_1910997.jpg
d0213034_19102215.jpg
d0213034_1910346.jpg
d0213034_19131368.jpg
アオイ科 フヨウ属 学名:Hibiscus schizopetalus Hook.fil
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-22 09:59 | 秋の花
 天気は良かったので、グリーンセンターにいって見ました。
 ハイビスカスのフウリンブッソウゲが気になってです。
 ブログにアップしたものの、非常に写真写りが悪いので、再度、撮ってUPしたい。
 連休のため、人がいっぱい。
 駐車場も満車の看板が。

 この広場、催しもの会場。時間で、噴水を!
d0213034_19272982.jpg

 温室です。
d0213034_19295989.jpg

 コスモスがチラホラと咲いています。
d0213034_19315483.jpg

 別の場所にシロバナマンジュシャゲが咲いていました。
d0213034_19325338.jpg


 写真をクリックして頂いて、拡大の+記号が出ますので、さらに、それをクリックすれば
15インチのいっぱいの画像になります。
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-21 19:35 | その他