還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

カテゴリ:冬の花( 29 )

南アフリカ原産の常緑低木。花期は11月〜翌年4月頃で桃〜薄紫色の花を咲かせ、名前は花の中心の黒い部分(葯)が蛇の目模様に見えることから。
 昨年から、グリーンセンターで咲いていたのですが、ブログにアップしてあるものと思っていましたが、していないようです。
d0213034_20342324.jpg
d0213034_20344361.jpg
d0213034_20345212.jpg
ツツジ科 エリカ属 常緑低木 学名;Erica canaliculata
[PR]
by 1950micchi | 2016-02-03 08:10 | 冬の花
  原産地はボリビア、ペルー、ブラジル。日本では12月~5月に化粧パフに似た真っ白な半球形の10cm近い花を咲かせる。
 オオベニゴウカン(大紅合歓)の雄しべが白色の園芸種。普通は、雄しべが赤色。色は主に赤・紫・青がある。
d0213034_1849491.jpg
d0213034_18501851.jpg
d0213034_1850342.jpg
d0213034_18511397.jpg
マメ科 ベニゴウカン属(カリアンドラ属) 熱帯性常緑低木 学名:Calliandra haematocephala "Albiflora"
[PR]
by 1950micchi | 2016-01-31 18:56 | 冬の花

セツブンソウ(節分草)

 昭和記念公園で咲いているというので、11日出掛けました。
 2センチぐらいの可愛い花です。それも、高さ8センチぐらいです。
 日本原産の植物で、関東より西の地域に分布。石灰岩地帯を好み、落葉樹林内の斜面などにまとまって自生。
 節分の頃に花を咲かせるのでセツブンソウ。
 茎先に1輪の花をつけ、5弁の白い花びらのように見えるのは萼。本当の花びらは退化して、花の中心にある黄色い蜜槽と呼ばれるものになっている。
 花の下には手のひら状に切れ込んだ総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)がある。
d0213034_18154916.jpg
d0213034_1816172.jpg
d0213034_18161275.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2016-01-12 07:05 | 冬の花
  別名:カネノナルキ(金のなる木)、ナリキンソウ(成金草)です。
 英語では dollar plant といい、葉が硬貨に似ているのが名前の由来。
 栽培業者が5円硬貨の穴を頂芽に通して固定し、若枝が硬貨の穴を通ったまま成長するようにして硬貨がなったように見せかけ、一種の縁起物的な販売方法をとったため、「金のなる木」や「成金草」の園芸名で俗称されるようになった。
d0213034_18135458.jpg
d0213034_1814230.jpg
d0213034_18141810.jpg
d0213034_18142649.jpg
 ベンケイソウ科 クラッスラ属 多肉植物 学名:Crassula ovata 開花期:12~3月頃
[PR]
by 1950micchi | 2016-01-10 18:17 | 冬の花
 この時期は、花数が少ないです。
 4年前にアップしたブログに付け加えました。
 
以下2012年1月21日のブログの記事です。
 数年ぶりに、私の所で、昨日は、雪が降りました。
 今日は、朝から、雨。やっと、乾燥注意予報から解除。

 おそらく、キルタンツスの名で売られているのかっと思います。

 南アフリカが原産。キルタンツス属は南アフリカにおよそ50種が
分布。わが国でも、マッケニイ種が広く普及しているようです。

 この寒さの中、元気に咲き誇っています。

 草丈は30~50センチになり、長い花茎を伸ばして、散形花序に筒状
花を咲かせ、冬から春にかけて開花し、オレンジや黄色、白色などが
あるようですが、私は、この色しかみたことがないです。
d0213034_17125441.jpg
d0213034_17132331.jpg
d0213034_17134861.jpg
d0213034_17141321.jpgd0213034_17144488.jpg
d0213034_15445366.jpg
d0213034_1545442.jpg
d0213034_15452015.jpg
 ユリ科 キルタンツス属 半常緑多年草 学名:Cyrtanthus mackenii 開花期:12~3月
 
[PR]
by 1950micchi | 2016-01-06 15:49 | 冬の花

ドンベヤ・ワリチー

アフリカ、マダガスカルに分布。花の咲く時期は晩秋~春頃。花色はピンク、赤、白、紫などがあり小さな花がたくさん集まって直径20cmほどのボール状になり、満開の時は非常にボリュームと存在感を。
 耐暑性に強く、0~3℃の気温があれば冬越しできますが、霜や寒風には耐えられないようです。
d0213034_20571065.jpg
d0213034_20572077.jpg
 アオギリ科 ドムベヤ属の常緑低木 学名:Dombeya wallichii
[PR]
by 1950micchi | 2015-12-20 06:50 | 冬の花
 中国原産の「ヒイラギナンテン」と、中国西部から台湾、ビルマに分布する「マホニア・ロマリフォリアとの種間交雑種。本種はロマリフォリア種の形質を受け継ぎ、長い花序を直立して出すのが特徴です。12月から2月ごろ、鮮やかな黄色い花を咲かせる。
 私のファンに設定している方のhttp://yoppyhyakk.exblog.jp/21936576/がその特徴を表しています。
d0213034_656991.jpg
d0213034_6562652.jpg
d0213034_6564298.jpg
 メギ科 ヒイラギナンテン属 常緑低木 学名: Mahonia x media cv. Charity 開花期:12~2月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-12-18 07:00 | 冬の花
 この時期は、花と言えば、山茶花か椿です。
 川口市立グリーンセンターに行って来ました。
 木立(皇帝)ダリアは、一般の家庭でもみられるようになり、八重が植えられていました。
d0213034_7481583.jpg
d0213034_7482757.jpg
d0213034_748573.jpg
d0213034_749850.jpg
 1つの枝から、一重と八重が咲いています。
d0213034_7503128.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2015-12-17 07:53 | 冬の花
 ピンクに近い紫のシャコバサボテンは、よく見かけますが、この色は
初めてみました。確かに、白もあり、白とピンクのも、見かけます。
 別名:クリスマスカクタスと言われており、園芸種とされています。
d0213034_7225251.jpg
d0213034_7231468.jpg
d0213034_7232251.jpg
d0213034_10303918.jpg
d0213034_10312283.jpg
d0213034_10315296.jpg
d0213034_10321339.jpg
d0213034_10322995.jpg
d0213034_103246100.jpg
d0213034_17283575.jpg
d0213034_17285430.jpg
d0213034_17251327.jpg
 サボテン科 スクルンベルゲラ属 学名:Schlumbergera truncata 開花期:11~12月
[PR]
by 1950micchi | 2015-12-13 19:20 | 冬の花
 メキシコから中米に27種が分布しており、茎が木質化する3種がツリーダリアと呼ばれおり、皇帝ダリアは特に茎が太くなり草丈が高くなり、大きいのでは6~7メートルにも達する。花はピンク色で直径10~15センチの大輪が多数つくので見栄えがする。花期は日照時間の短い11~12月に咲く短日性。
 私の方じゃ、昨年から、あちらこちらで目にすること多くなって来ました。
 別名:皇帝ダリアとも呼ばれます。
d0213034_8581373.jpg
d0213034_858293.jpg
d0213034_8583937.jpg
d0213034_8585229.jpg
 キク科 ダリア属 多年草 学名:Dahlia imperialis 開花期:11~12月
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-16 04:47 | 冬の花