還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

カテゴリ:秋の花( 41 )

イチゴの木

 南ヨーロッパ、アイルランドがに分布しており、花茎は下向きに垂れ下がって、その先に壺を逆さにしたような形の小さな白花を11~12月頃に、たくさん付けます。何となく花の雰囲気が同じツツジ科のドウダンツツジに似ている。
 果実は、赤く熟した果実の表面はいぼいぼになっており、その様子がイチゴを連想させるところから、「イチゴノキ」の名前がある。熟した果実は食用にできます。生食には適していないようでジャムや果実酒にして利用されます。 皮はタンニンの原料としているようです。
 なお、果実は1年後に赤く熟す。
d0213034_1728518.jpg
d0213034_17291877.jpg
d0213034_1729323.jpg
ツツジ科 アルブツス属 常緑高木 学名:Arbutus unedo 開花期:11~12月
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-28 17:34 | 秋の花

ネリネ

 南アフリカを中心におよそ30種が知られる球根植物。夏に球根を植え付けると、秋の中頃から冬の初めに花を咲かせます。花びらの表面がラメをちりばめたようにキラキラと輝き、その姿から「ダイヤモンド・リリー」の別名がある。主な花色は、ピンク、白、紫、赤、オレンジなど。
d0213034_1562292.jpg
d0213034_1563436.jpg
d0213034_1564421.jpg
d0213034_1565910.jpg
d0213034_1631411.jpg

11月12日に撮った写真を追加しました。
d0213034_11351553.jpg
d0213034_11352918.jpg
ヒガンバナ科 ネリネ属 半耐寒性の球根植物 学名:Nerine saniensis cv. 開花期:10~12月
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-15 06:12 | 秋の花

レオノチスセージ

 南アフリカ原産の低木で、秋から冬にかけて濃いオレンジ色の花を穂状にたくさん咲かせ、花が咲き終わった後、茎をぐるりと囲むように筒状の萼が残り、その姿がおもしろいのでドライフラワーにされるようです。
 和名は、カエンキセワタ(火焔被綿)。別名:ライオンズ・イヤー。
d0213034_17234687.jpg
d0213034_17235717.jpg
d0213034_1724643.jpg
d0213034_1724207.jpg
 シソ科 レオノテス属常緑亜低木(非耐寒性) 学名:Leonotis leonurus 開花期:10~12月
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-13 17:27 | 秋の花

名前不明な花

 今日、撮った花です。
 名前が不明です。葉はよく見かけるような気がしますが、花ははじめて見ました。
 8~10ミリの可愛い花で、丈が’7~8センチぐらいです。
 判る方がいましたら、是非とも教えてください。
d0213034_22583667.jpg
d0213034_22584857.jpg
d0213034_22585970.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2015-11-10 22:59 | 秋の花
 10月頃、見かける花だが、名前が判らず、やっと判明。
 アマリリスとクリナムの交配種。花径8~10cm程もある、大きな淡いピンク色の花が、咲きます。花には芳香もあり、外に植えっぱなしにしても、毎年咲くようです。
d0213034_7371382.jpg
d0213034_13425959.jpg
d0213034_1343462.jpg
ヒガンバナ科 アマクリナム属 多年草 学名: Amacrinum 'DorothyHannibal'  開花期;8~10月頃
 上1枚目10月31日の写真。2枚目11月1日。3枚目11月3日の写真。
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-05 07:34 | 秋の花

フジバカマ(藤袴)

 本州・四国・九州、朝鮮、中国に分布している。原産は中国。かつては日本各地の河原などに群生していたが、今は数を減らし、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧(NT)種に指定。秋の七草の1つ。
d0213034_18174949.jpg
d0213034_1818368.jpg
d0213034_18181430.jpg
キク科 ヒヨドリバナ属 多年生植物 学名:Eupatorium japonicum 開花期:8~10月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-02 06:14 | 秋の花

テコマリア

 南アフリカ原産の熱帯植物ですが、一般の家で、
鉢植えで咲いていました。
 この他に、黄色があります。
 私は、ほど遠いと思うのですが、別名:ヒメノウゼンカズラとも
いうようです。
 11月1日、黄色のありましたの、追加します。
d0213034_21283251.jpg
d0213034_21285926.jpg
d0213034_2126783.jpg

下の写真は、F0.95です。
どちらにしろ、この色は、撮りづらいです。どうして、ノイズが多い。
d0213034_21264229.jpg
 
 黄色のを追加(2015年11月1日)
d0213034_20464995.jpg
d0213034_2047250.jpg
ノウゼンカズラ科 テコマリア属  半つる性常緑低木 学名:Tecomaria capensis  開花期:7~11月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-01 18:31 | 秋の花
 中国原産。年間で30cm生長し、数メートルから10mに生長し、生垣等に利用される常緑樹。そのため、花が咲く前に手入れがされるために、なかなか、花にお目にかからないことが多いです。キンモクセイはギンモクセイの変種とされており、香りは、キンモクセイの方が強いです。
 一般的には、モクセイというと、このギンモクセイを指す。
d0213034_1918230.jpg

d0213034_19183562.jpg
d0213034_19184714.jpg
モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus 開花期:10月頃
[PR]
by 1950micchi | 2015-10-27 05:19 | 秋の花
メキシコ西部が原産。マドレンシス種(S. madolensis)の園芸品種。高さは2メートル以上になり、長い穂状花序をだして黄色い筒状花を咲かせる。
 
d0213034_053813.jpg
d0213034_055575.jpg
 シソ科 アキギリ属 多年草で、学名: Salvia madolensis cv. YellowMajesty 開花期:10~11月
[PR]
by 1950micchi | 2015-10-23 06:33 | 秋の花
マンデビラは、メキシコからアルゼンチンにかけておよそ100種類が分布するつる性の植物。花色は白、ピンク、赤などがある。
 写真の花は、花の色はピンク。 咲き始めの色は淡く、だんだん濃い色に変化し、 花径は8センチから10センチくらいある大輪。
d0213034_618556.jpg
d0213034_6191871.jpg
d0213034_61934100.jpg
キョウチクトウ科 マンデビラ属 非耐寒性常緑つる性木本 
                  学名:Mandevilla x amabilis cv. Rose Giant 開花期:5~10月

マンデビラ・サンデリー
 ブラジルの南東部が原産。
d0213034_6195068.jpg
d0213034_620220.jpg
d0213034_8562944.jpg
d0213034_8564867.jpg
学名: Mandevilla Sanderi cv. "Rosea"
 同じ種の「マンデビラ・ホワイトデライト」について、 http://micchi1950.exblog.jp/14884312/を参照。
 残念ながら、サマードレスにお会いしていません。
[PR]
by 1950micchi | 2015-10-22 09:04 | 秋の花