還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

カテゴリ:夏の花( 128 )

ハーブとして知られているオレガノですが、観賞用のオレガノです。
 
 形態によってオレガノを代表とする「オレガノ類」、マジョラムをはじめとする「マヨナラ類」、
本種が含まれる「花オレガノ類」の3種に分蹴られるようです。
 オレガノ類とマヨナラ類は、芳香のある茎葉を料理やお茶などに利用する
ハーブとして親しまれています。花オレガノ類は主に観賞用で、花のすぐ下に
付く苞葉(ほうよう)が大きく発達するのが特長のようです。
d0213034_18403296.jpg
d0213034_18411032.jpg
d0213034_1842213.jpg
 シソ科 オレガノ属  多年草学名:Origanum 'Kent Beauty'  開花期:6~8月
                                          撮影日 平成24年7月1~5日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-07 19:21 | 夏の花

ハナハッカ(花薄荷)

高さは60~75センチになり、葉は小さな卵形で細かい毛に被われ、
葉には芳香と苦味があり、トマトやチーズによくあうため、イタリア料理には
欠かせないハーブもようです。

 この属は、ハーブで有名で、一番強いこのハナハッカです。
 この属の花の植物をすべて、オレガノと呼ぶようですが、すべてが、同じよう
な花ではありません。
d0213034_1641433.jpg
d0213034_16343991.jpg
d0213034_16345065.jpg
 シソ科 ハナハッカ属 多年草 学名:Origanum vulgare 開花期:7~9月
                                        撮影日 平成24年6月24~30日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-06 19:30 | 夏の花
近所の方から、挿し木で増やした花を2つ頂きました。
d0213034_10125943.jpg


 これじゃ、何かわかりませんね。
 班入りの花が好きで、いろいろな班入りを育てています。
 その中の1つ、普通のウキツリボクより開花が遅いのでしょうかね。     
 6月30日の時点でやっと蕾が!
d0213034_10183264.jpg
d0213034_1016645.jpg

 7月4日の時点で、やっと、判るように!
d0213034_10205051.jpg
 アオイ科 イチビ属  常緑半蔓性低木 学名:Abutilon megapotamicum'Variegata' 開花期:7~9月
                                     撮影日 平成24年6月30日、7月4日 川口市内
d0213034_0121086.jpg

[PR]
by 1950micchi | 2012-07-05 19:26 | 夏の花
 最初、ヤグルマハッカもタイマツソウだっと思っていました。

 よく見ると、花はタイマツソウより、こぢんまりしており、
葉が、タイマツソウの葉と比べ、細い。
 ネットで調べると、関係なしタイマツソウになっている。
確かに、両方とも、ハーブ系なので、葉はいい香りがします。

 タイマツソウは、学名が、モナルダ・ディディマで、鮮赤色の筒状花を咲かせます。
アメリカインディアンの人々は、この葉の浸出液をオスウィーゴ茶(Oswego tea)と呼び、愛飲
していたそうです。芳香が「ベルガモットオレンジ」に似ていることから、「ベルガモット」とも呼ばれます。
d0213034_18315061.jpg
d0213034_18314121.jpg
d0213034_18322059.jpg
d0213034_18315764.jpg
 シソ科 モナルダ属  多年草 学名:Monarda didyma 開花期:6~8月

 ヤグルマハッカは、学名が、モナルダ・フィスツローサで、
藤色から紫色がかったピンク色の筒状花を咲かせます。
 花の香りが「ベルガモットオレンジ」に似ているため、ハーブの一種として
「ワイルドベルガモット」の名前で知られています。
 品種改良の結果、赤色や淡いピンク色、白色、紫色など多くの花色があります。
d0213034_1837115.jpg
d0213034_18372473.jpg
d0213034_18373332.jpg
d0213034_18374721.jpg
d0213034_1838852.jpg
 シソ科 モナルダ属 多年草 学名:Monarda fistulosa 開花期:6~9月

 一般には、これらを含め、モナルダと読んだ方が、正解かもしれません。
                                        撮影日 平成24年6月28~30日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-04 19:30 | 夏の花
昨年も、ブログにアップした花です。

近所を一周して撮ってくるのですが、どうしても、
決まった花しか撮れません。
 花言葉は、『負けずぎらい』・『清楚』・『我慢できない』・『ゆきずりの恋』らしい。
d0213034_5553721.jpg
d0213034_5555144.jpg
d0213034_5561385.jpg
d0213034_5562418.jpg
d0213034_55633100.jpg
 アカバナ科 ガウラ属 多年草 学名:Gaura lindheimeri 開花期:6~10月
                                      影日 平成24年6月24日~7月1日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-03 19:30 | 夏の花

アガパンサス

 冬に葉が枯れない常緑種と、枯れて休眠する落葉種の2種類あります。
 花色は紫、青紫、白などがあり、紫や青紫色は品種によって濃淡の
違いがあるようです。別名:ムラサキクンシラン。
d0213034_20124297.jpg
d0213034_2013219.jpg
d0213034_2013551.jpg
d0213034_20134073.jpg
ユリ科 アガパンサス属 多年草 学名:Agapanthus ssp 開花期:6~9月
 日本では、アガパンサス・アフリカヌス(Agapanthus africanus )が、明治時代に入ってきて、これが
主流を占めているようだが、アガパンサス類は交配が簡単にできる性質があるので、当然、園芸種も多様
化しているようです。
                                           撮影日 平成24年6月29日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-02 19:45 | 夏の花
非常に繁殖力が旺盛で、順応性も高いので路傍や
駐車場脇などで野生化しているのもあるようです。
 これのヒオウギズイセン(檜扇水仙)は、佐賀県で、
『佐賀県環境の保全と創造に関する条例』により栽培や
持ち込みが禁止されておるようです。
 
 乾燥させた花をお湯に浸すとサフランのような香りがするらしい
ことから、クロコスミアという名前が付いたようです。
d0213034_1961250.jpg
d0213034_1965124.jpg
d0213034_1917273.jpg
 アヤメ科 クロコスミア属 宿根草 学名:Crocosmia × crocosmiiflora 開花期:6~9月
                                        撮影日 平成24年6月27,29日 川口市内 
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-30 19:30 | 夏の花

テッセン (鉄線)

 昨年の秋に買った一年草のテッセンが、やっと咲きました。
 3年経たないと咲かないと思っていました。
この冬は、寒かったので、大丈夫だろうかと心配でしたが、
春になると、茎が伸びてきました。

 クレマチスは、日本原産のカザグルマ(風車)、
中国原産のテッセン (鉄線)を含めクレマチス(センニンソウ属)
に属する種の名です。

 このテッセン (鉄線)は、原種に近いが、おそらく、園芸種
でしょうね。普通のクレマチスと違って、4~5センチぐらいの
花です。
夕方、18時頃に撮った写真です。
d0213034_12371541.jpg
d0213034_20193987.jpg
d0213034_20193861.jpg
d0213034_20195188.jpg

翌朝、10時頃に撮ってみました。
d0213034_20213330.jpg
d0213034_20215833.jpg
 キンポウゲ科 センニンソウ属 耐寒性低木(つる性)半常緑~落葉性 学名:Clematis florida 開花期:6~11月
                                   撮影日 平成24年6月18,19日 我が家の小さな庭
 
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-28 19:30 | 夏の花

アプチロン 2

  アプチロンの花は、大好きなんです。
 昨年撮った写真をアップします。

 これらは、大半が、アプチロン・ヒブリドゥムでしょう。

ホワイトキングと言われているアプチロンです。
 この白が気に入りました。
d0213034_148575.jpg
d0213034_149695.jpg
d0213034_1491298.jpg
姫りんごと言われているアプチロン。d0213034_1492494.jpg
d0213034_149301.jpg

サテンピンクと言われているアプチロン。d0213034_149373.jpg
d0213034_1494561.jpg
 
 F0.95の写真。品種名が、スウィングベルと言われてアプチロンです。
d0213034_10212280.jpg
d0213034_10213427.jpg
 学名:Abutilon ×hubridum(アプチロン・ヒブリドゥム) 開花期:6~9月
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-27 19:30 | 夏の花
 知人に家の鉢で咲いていた可愛い花。
 イワダレソウという名前を初めて耳にします。

 イワダレソウとは?。
 熱帯から亜熱帯に広く分布。
 日本の本州南岸から南、南西諸島などに多く生息しているようです。
 茎は細長く、基部で枝分かれして地表を這い、節々から根を下ろし、
群落を作り、花は、葉の付け根から柄が伸びて少し立ち上がり、その
先端にワレモコウのような形-楕円形の花序が付く。

 このイワダレソウを用いての砂漠の緑化も研究されているようです。
グランドカバー用として、矮性がさらに進み、スーパーイワダレソウと
言うのがありそうです。
d0213034_524875.jpg
d0213034_5241339.jpg
d0213034_5243051.jpg
d0213034_5244178.jpg
 クマツヅラ科 イワダレソウ属 宿根草(耐寒性多年草)半常緑種 学名:Lippia repens 'Rosea'  開花期:5~9月
                                           撮影日 平成24年6月17日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-26 07:28 | 夏の花