還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

カテゴリ:山野草( 15 )

トウダイグサ(灯台草)

 この時期、グリーンセンターに行く途中で、見かける
花です。住んでいる様子もない家の周りに、沢山咲いて
います。

 本州以南の暖地、世界では北半球に広く分布する
一年生の草本。植物体を傷つけると白色の乳液を分
布し、有毒植物です。
d0213034_2354211.jpg
d0213034_236748.jpg
d0213034_2361663.jpg
d0213034_2362567.jpg
 トウダイグサ科 トウダイグサ属 越年草 学名:Euphorbia helioscopia 開花期:3~5月
                                            撮影日 平成24年6月3日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-11 07:31 | 山野草

カワヂシャ(川萵苣)

 鴻巣のポピーまつりの会場で、見つけた野草です。
 花か、私の大好きなオオイヌノフグリに非常に似た花です。

 我が国では、本州の中部地方以西、四国、九州に分布。
 水田では、ちょうど5月の中旬頃、田植え前に姿を見せるが、
その後はパッタリと見かけなくなるようです。
 環境省レッドデータブックに選定されているようです。

 写真写りが悪くて申し訳ありません。
d0213034_22534213.jpg
d0213034_2253175.jpg
d0213034_2253584.jpg
 ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 越年草 学名:Veronica undulata 開花期:5~6月
                         撮影日 平成24年5月27日 埼玉県鴻巣市内(ポピーまつりの会場)
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-09 07:30 | 山野草

スズメノヤリ(雀の槍)

個々の花ははっきりせず、赤褐色のくす玉のような
固まりが着いているように見える、小柄な野草です。

 よくみないと、花があるとは思えないほど、可愛い
花の野草です。
d0213034_1973050.jpg
d0213034_1972755.jpg
d0213034_1975053.jpg
 イグサ科 スズメノヤリ属 多年草 学名:Luzula capitata 開花期:4~5月
                      撮影日 平成24年5月1日バスツアー ヘブンスそのはら(富士見台高原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-26 07:30 | 山野草

ウラシマソウ(浦島草)

 日本の本州、四国を中心に、北海道と九州の一部に分布。
 これとよく似たマムシソウは、蛇嫌いの私には苦手。
 ウラシマソウは、愛嬌が感じられてすきです。

 テンナンショウ属の植物なので、性転換をすることができます。
 一般的には、大型の個体では雌性となり、小型の個体では雄性となるようです。

 ところが、雄花から雌花への花粉の受粉はキノコバエの
仲間によって行われるのだが!
 雄花から出され花粉を身にまとい、仏炎苞下部にある隙間から脱出し、
雌性の仏炎苞ではキノコバエが脱出できる隙間がなく、開口部から進入
したキノコバエは雌花をうろつく間に授粉させられ、最後は脱出できずに
死んでしまうようです。
d0213034_20421170.jpg
d0213034_20422443.jpg
d0213034_2042327.jpg
d0213034_2042381.jpg
 サトイモ科 テンナンショウ属 多年草 学名:Arisaema urashima 開花期:4~5月
                               撮影日 平成24年4月24日 ふるさとの森(川口市安行原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-16 19:30 | 山野草

ヤマブキソウ(山吹草)

 花姿がヤマブキに似ており、草本なのでヤマブキソウの名前が
ありますがヤマブキとは科も違い分類上も全く無縁のものです。
 ヤマブキは、花弁が5枚ですが、ヤマブキソウは4枚です。
 本州から九州に分布。
 花弁は4枚で長さ2~2.5センチで、光沢があって美しい。
d0213034_2022347.jpg
d0213034_2023194.jpg
d0213034_2023737.jpg
 ケシ科 クサノオウ属 多年草 学名:Chelidonium japonicum 開花期:4~6月
                              撮影日 平成24年4月24日 ふるさとの森(川口市安行原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-11 07:30 | 山野草

イワウチワ(岩団扇)

 本州の中国地方以北の山地帯の林内や林縁に分布。
 葉の形状が団扇に似た形状であることから、この名前が
付いたようです。
d0213034_1723591.jpg
d0213034_17235395.jpg
d0213034_17241898.jpg
d0213034_1724843.jpg
 イワウメ科 イワウチワ属 多年草 学名:Shortia uniflora 開花期:4~5月
                      撮影日 平成24年5月1日バスツアー ヘブンスそのはら(富士見台高原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-08 12:00 | 山野草
 北海道から九州までの、やや湿った場所に生える。垂直分布。
 花の色は生育場所によって、淡紅色、紫色、白色等があるようです。
 花後、花が赤くなるのを能の猩々の赤頭に、葉を袴に見立てて、この
名前が付いたようです。
d0213034_17111766.jpg
d0213034_17112015.jpg
d0213034_17113195.jpg
 ユリ科 ショウジョウバカマ属 多年草 学名:Heloniopsis orientalis  開花期:3~4月
                      撮影日 平成24年5月1日バスツアー ヘブンスそのはら(富士見台高原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-07 12:00 | 山野草

エビネ(海老根)

 日本では北海道西南部から沖縄島までに分布。
 別名:ジエビネ、ヤブエビネと呼ばれるようです。
 地下の球根が連なっている形が、エビの背中に
見えるので、エビネという名前が付いたようです。
d0213034_22481269.jpg
d0213034_22484769.jpg
 ラン科 エビネ属 多年草 学名:Calanthe discolor 開花期:4~5月
                                 撮影日 平成24年4月28日 川口市立グリーンセンター
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-05 07:30 | 山野草
ムラサキケマン(紫華鬘)によく似ている花です。
 私も、最初はそう思って見向きもしなかった。
よく見ると、色も若干だが違うし、葉も違う。
 ムラサキケマン(紫華鬘)は、日本全国で見られるが、
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)は、関東~九州地方にしか見られない。
d0213034_16425072.jpg
d0213034_16425793.jpg
d0213034_16431219.jpg
d0213034_16514869.jpg
 ケシ科 キケマン属 多年草 学名: Corydalis decumbens 開花期:4~5月
                              撮影日 平成24年4月19日 埼玉県立花と緑の振興センター
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-04 07:30 | 山野草

リュウキンカ(立金花)

 やっと、会えました。
 ヒメリュウキンカ(姫立金花)は、結構、目にします。
ヒメが付くのですから、矮性というと、そうじゃないようです。
原産地はヨーロッパ及びシベリアようです。日本へは園芸用
として渡来したものが、リュウキンカ(立金花)に似ているため、
ヒメリュウキンカ(姫立金花)になったようです。

 リュウキンカ(立金花)は、本州、九州に分布し、水辺や湿地などに生育し、
ミズバショウの群生地で見られることもあるらしい。
 茎が直立し、黄金色の花をつけることから、この名称になったようです。

 ヒメリュウキンカ(姫立金花)をリュウキンカ(立金花)と勘違いしている方
がいますが、リュウキンカ(立金花)は、花弁に見えるのは萼片で、ふつう
5枚、ときに6~7枚です。それと、萼片が、ヒメリュウキンカ(姫立金花)の
ように、輝いていません。
d0213034_1439563.jpg
d0213034_14391374.jpg
d0213034_14393666.jpg
 キンポウゲ科 リュウキンカ属 多年草 学名:Caltha palustris var. nipponica 開花期:5~7月
                             撮影日 5月1日バスツアー ヘブンスそのはら(富士見台高原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-03 02:00 | 山野草