還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

カテゴリ:1年中( 8 )

 アメリカの東・南部、コネチカット州からフロリダ州それにテキサス州にかけて分布。初夏から秋まで長期間開花する、半常緑から常緑性のつる植物です。生育おう盛なため、ぐんぐんと枝を伸ばす。枝先に赤いラッパのような紅色の花を円心状に咲かせる。開花直後は花びらの内側は黄赤色をしているが、やがて外側と同じ紅色に変わる。
d0213034_19574517.jpg
d0213034_19575611.jpg
 スイカズラ科 スイカズラ属の常緑小低木 学名:Lonicera sempervirens
[PR]
by 1950micchi | 2016-05-04 19:54 | 1年中
 南アフリカ原産。花色が白とピンクが混ざり、筒形の花弁が一箇所から放射状に伸びて、ファンファーレを演奏するトランペットのように咲く。
 エリカの大半は、南アフリカ原産です。普通、エリカというと、ジャノメエリカの花を想像する。初めて、お目にかかる花です。
d0213034_18305047.jpg
d0213034_1831237.jpg
d0213034_18313547.jpg
ツツジ科 エリカ属 常緑低木 学名:Erica verticillata 'African Fanfare' = E. verticillata 'Kew' 開花期:不定期
[PR]
by 1950micchi | 2015-11-22 19:29 | 1年中
  別名アラマンダとも呼ばれており、鮮黄色のラッパ 状の花を長期に渡って咲かせます。蕾の外側は茶色く、沖縄では公園木・街路樹が としてよく見られる花木です。オオバノアリアケカズラはアリアケカズラの園芸品種。熱帯アメリカ原産。長さ6m くらいになる半つる性常緑植物。
 花径:オオバナアリアケカズラが10~15㎝。アリアケカズラが、6~10㎝。
     ヒメアリアケカズラが5㎝。
 アリアケカズラ(有明葛)は、前にブログにアップしてあります。
  http://micchi1950.exblog.jp/16377179/  を参照。
d0213034_225108.jpg
d0213034_2251104.jpg
d0213034_22512085.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 学名:Allamanda cathartica.Hendersonii

ムラサキアリアケカズラ(紫有明葛)
 ブラジルが原産です。茎はか細くて奔放に伸びます。葉は明るい緑色で軟毛が生え、輪生し、直径7~8センチほどの赤紫色をした漏斗形の花を咲かせる。
d0213034_239592.jpg
キョウチクトウ科 アリアケカズラ属 常緑半蔓性低木 学名:Allamanda violacea
[PR]
by 1950micchi | 2015-09-24 00:35 | 1年中

ブーゲンビリア

和名はイカダカズラ(筏葛)、ココノエカズラ(九重葛)で、美しい色で花びらのように見えるのは苞と呼ばれる葉の一部です。花の本体は先端が開いた筒状の部分です。本来の花びらは持たず筒状部も正確に言うと萼になります。様々な園芸品種が出回っており、苞の色は赤、紫、白、オレンジ、ピンク、すみれ色などがあり、苞が重なった八重咲き種もあるようです。温度さえあれば1年中咲いているようです。
d0213034_1830144.jpg
d0213034_18304710.jpg
d0213034_18311449.jpg
d0213034_18313976.jpg
d0213034_19245866.jpg
d0213034_19251585.jpg
d0213034_1813424.jpg
d0213034_1814157.jpg
オシロイバナ科ブーゲンビリア属 学名:Bougainvillea
[PR]
by 1950micchi | 2015-08-30 18:36 | 1年中
 名前の由来は、花のつく穂が苞(ほう)に覆われていて、
その形が小海老の尻尾に似ていることによる。花はその
苞の間から顔を出します。
d0213034_1154263.jpg
d0213034_11543712.jpg
d0213034_11544724.jpg
d0213034_1155582.jpg
d0213034_11551250.jpg
 キツネノマゴ科 キツネノマゴ(ジャスティシア)属 常緑低木 学名:Justicia brandegeana 開花期:一年中
                                        撮影日 平成24年7月14,15日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-07-16 19:48 | 1年中

アプチロン 1

 アプチロンと言えば、代表的な花は、なんと言っても、
別名:ウキツリボク、チロリンランプでしょうね。

アプチロンは、熱帯~亜熱帯に約100種類が分布。
 その中でも、ブラジル原産のダルウィニ種(A. darwinii)と
ピクツム種(A. pictum)との種間交雑種を指すことが多いようです。

 下記のアプチロンもおそらくその1種でしょうね。
 学名を調べるのが大変。
 白色は、Abutilon x hybridum cv.White Satin 。
 黄色は、Abutilon x hybridum cv.Yellow Mexico 。

ところが、イエロー・メキシコより色が濃い。
どうも、流通名:アプチロン・ジュリアじゃないかっと思う。
d0213034_2141990.jpg
d0213034_214307.jpg
d0213034_2143611.jpg
d0213034_738936.jpg
 アオイ科 イチビ属 常緑低木 学名:Abutilon spp 開花期:6~10月
                                  撮影日 平成24年5月26日、6月2、14日 川口市内

 ☆ウキツリボク(浮釣木)
d0213034_22563715.jpg
d0213034_22564970.jpg
d0213034_2257518.jpg
 アオイ科 イチビ属 常緑半蔓性低木 学名:Abutilon megapotamicum 開花期:6~10月
                                           撮影日 平成24年6月17日 川口市内
[PR]
by 1950micchi | 2012-06-26 19:30 | 1年中

ハナキリン(花麒麟)

 10度以上の気温が保てれば一年中花を咲かせるようです。
 この他に、白があるのですが、お目にかかったことがないです。
d0213034_23391076.jpg
d0213034_23393685.jpg
d0213034_23395464.jpg
d0213034_2340656.jpg
 トウダイグサ科 トウダイグサ属 低木(多肉植物) 学名:Euphorbia milii
[PR]
by 1950micchi | 2011-12-22 23:33 | 1年中
 花のように見えるのは「苞」。海老の尻尾みたいなので
この名前になったのでしょうね。

 温度さえされば、1年通して見られる。

 よく見かけるのが、写真のように、コエビソウ(小海老草)
です。
d0213034_2050576.jpg
 キツネノマゴ科 コエビソウ( ジャスティシア)属 常緑低木 学名:Justicia brandegeana

 「苞」の色が、黄緑のがあるが、あまり見かけない。
コエビソウ’イエロークィーン’ という。
d0213034_20552637.jpg
d0213034_20553624.jpg
d0213034_205554100.jpg
 学名:Justicia brandegeana 'Yellow Queen' 
[PR]
by 1950micchi | 2011-11-21 19:36 | 1年中