還暦を迎え、気楽に過ごせればと思っていますが・・・・・・!?


by みっちー

ウラシマソウ(浦島草)

 日本の本州、四国を中心に、北海道と九州の一部に分布。
 これとよく似たマムシソウは、蛇嫌いの私には苦手。
 ウラシマソウは、愛嬌が感じられてすきです。

 テンナンショウ属の植物なので、性転換をすることができます。
 一般的には、大型の個体では雌性となり、小型の個体では雄性となるようです。

 ところが、雄花から雌花への花粉の受粉はキノコバエの
仲間によって行われるのだが!
 雄花から出され花粉を身にまとい、仏炎苞下部にある隙間から脱出し、
雌性の仏炎苞ではキノコバエが脱出できる隙間がなく、開口部から進入
したキノコバエは雌花をうろつく間に授粉させられ、最後は脱出できずに
死んでしまうようです。
d0213034_20421170.jpg
d0213034_20422443.jpg
d0213034_2042327.jpg
d0213034_2042381.jpg
 サトイモ科 テンナンショウ属 多年草 学名:Arisaema urashima 開花期:4~5月
                               撮影日 平成24年4月24日 ふるさとの森(川口市安行原)
[PR]
by 1950micchi | 2012-05-16 19:30 | 山野草